オステオパシーでの骨内弾性障害

January 9, 2017

 オステオパシー治療における重要な概念として、骨内弾性障害があります。

オステオパシー以外の自然療法では、まず取り上げられていない考え方です。

施術する部位の動きの異常を生じている原因として、この骨内弾性障害が

かなりの割合を占めます。

 

 骨内弾性障害を生じている部位への施術は、その方向と歪みの程度に

応じて、調整する条件を与えます。この事により骨内弾性障害部位は、正常な

骨内呼吸運動を生じることができるようになり、様々な機能障害は改善されて

行きます。

 

Please reload

Featured Posts

 坐骨神経の痛みのケースは、よく遭遇します。他院で結果が出ないことも多く、また慢性化しているケースがほとんどです。骨盤部、腰椎部、大腿骨、脛骨、足部、頭蓋、頚椎部などに骨内弾性障害があります。安定して痛みが改善されるまで、複数回のオステオパシー施術が必要です。

坐骨神経の痛みについて

January 24, 2017

1/1
Please reload

Recent Posts

January 25, 2017

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Natural Remedies. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus