Please reload

Follow Us

January 25, 2017

 痛みが生じている部位は過剰な動きが生じていることが多いので、この過剰な動きを作り出している原因箇所を見つけ出す必要があります。その原因箇所は動きに制限があるので、オステオパシーではこの動きの制限部位を、施術の対象とします。

January 24, 2017

 坐骨神経の痛みのケースは、よく遭遇します。他院で結果が出ないことも多く、また慢性化しているケースがほとんどです。骨盤部、腰椎部、大腿骨、脛骨、足部、頭蓋、頚椎部などに骨内弾性障害があります。安定して痛みが改善されるまで、複数回のオステオパシー施術が必要です。

January 9, 2017

 オステオパシー治療における重要な概念として、骨内弾性障害があります。

オステオパシー以外の自然療法では、まず取り上げられていない考え方です。

施術する部位の動きの異常を生じている原因として、この骨内弾性障害が

かなりの割合を占めます。

 骨内弾性障害を生じている部位への施術は、その方向と歪みの程度に

応じて、調整する条件を与えます。この事により骨内弾性障害部位は、正常な

骨内呼吸運動を生じることができるようになり、様々な機能障害は改善されて

行きます。

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

January 25, 2017

Please reload

Recent Posts
Search By Tags
Featured Posts

 坐骨神経の痛みのケースは、よく遭遇します。他院で結果が出ないことも多く、また慢性化しているケースがほとんどです。骨盤部、腰椎部、大腿骨、脛骨、足部、頭蓋、頚椎部などに骨内弾性障害があります。安定して痛みが改善されるまで、複数回のオステオパシー施術が必要です。

坐骨神経の痛みについて

January 24, 2017

1/1
Please reload

Archive
Please reload

 痛みが生じている部位は過剰な動きが生じていることが多いので、この過剰な動きを作り出している原因箇所を見つけ出す必要があります。その原因箇所は動きに制限があるので、オステオパシーではこの動きの制限部位を、施術の対象とします。

痛みについて

January 25, 2017

 坐骨神経の痛みのケースは、よく遭遇します。他院で結果が出ないことも多く、また慢性化しているケースがほとんどです。骨盤部、腰椎部、大腿骨、脛骨、足部、頭蓋、頚椎部などに骨内弾性障害があります。安定して痛みが改善されるまで、複数回のオステオパシー施術が必要です。

坐骨神経の痛みについて

January 24, 2017

1/2
Please reload

© 2023 by Natural Remedies. Proudly created with Wix.com

  • b-facebook
  • Twitter Round
  • b-googleplus